株式会社ペルシャンワールド 会社案内サイトマップe-mailEnglish
ホーム > 絨毯のある生活 > メンテナンス
絨毯を部屋に敷く | 観賞用として | メンテナンス | Q&A

 ペルシャ絨毯は素材や織りの構成からして、もともと耐久性のあるものです。だからこそ長年に渡り大事に受け継がれ、使いこなした風合いをもお楽しみいただけます。
日頃お使いいただく中でのお手入れとしては、週に1〜2度絨毯の織り目の方向にあわせて掃除機をかけていただくだけで大丈夫ですが、末長くペルシャ絨毯をお楽しみいただく為に、以下のようなことをご注意下さい。

 まず、絨毯は湿気が苦手です。シルクの場合は変色したり、ウールの場合は耐久性が落ち、傷みの原因となったりします。湿気の多い所や水のかかる所には置かないで下さい。
 表面が汚れた時には、乾いた布や堅く絞った布で拭くか専門店に任せましょう。直射日光も絨毯には良くはありません。紫外線は色落ちの原因になるからです。絨毯を干す場合は、天気の良い日の陰干しを心がけましょう。
 また、家具などの重い物の下に長期にわたって敷く場合、跡が残って取れない場合がありますのでご注意下さい。絨毯をしばらくの間収納する時は、できれば丸い芯のような物に巻いて折り目を付けず、ウールには防虫剤などを入れて乾燥した場所への保管を心がけましょう。


 しかし、いくら注意していたとしても、使い続けることでクリーニングや補修などが必要になる時があります。専門的なメンテナンスを受けるのも絨毯を長持ちさせる大事な秘訣ですから、そのような時は購入したお店や絨毯専門店、または私どもペルシャンワールドにご相談下さい。
 キズ修理、絨毯の房交換、シャーリングクリーニング、部分ドライクリーニング、水洗いクリーニング、タペストリー加工etc……ペルシャンワールドでは、お客様の絨毯に対する様々な願いを叶えるべく、専門の技術を身につけたスタッフが随時対応致しております。

   いつまでも美しい手織り絨毯をお楽しみいただく為のアフターケアも充実しておりますので、各種疑問や質問がございましたら、お問合わせのページのQ&Aもご参照の上、 メールでお問合わせ下さい。

メンテナンス例のご紹介

あくまでも一例になりますので、同様に対応できない場合がございます。ご了承ください。

ドライクリーニング …部分的に汚れてしまった場合などに…
(1)絨毯の裏に油汚れがついてしまったようです
(2)専用洗剤や専用布などを使いこなして施してゆきます
(3)最後はきちんと乾かします

シャーリング …日焼けなどによる変色などの場合…
(1)変色した上部数ミリだけを丁寧に刈ってゆきます



(2)綺麗な絨毯の色が見えてきました。あとは全体のバランスを整えます。



キズ修理 …穴があいたり傷がついたら…
(1)キズ部分を一度綺麗にほどいてから、新しく糸をつむいでキズ部分を補修していきます。






(2)木枠で固定しながら緻密な作業を行ってゆきます。


タペストリー加工 …ペルシャ絨毯を壁掛け用にアレンジします…
(1)絨毯の端をタペストリー用に整えます


(2)絨毯に合わせて道具を取り付けます
(3)できあがり。壁に飾りましょう!