株式会社ペルシャンワールド 会社案内サイトマップe-mailEnglish
ホーム > 絨毯の知識 > デザイン
デザイン | 制作工程 | サイズ・形・各部位名称 | 豆知識




メダリオン意匠


メダリオンとは絨毯の中央に位置するメダルの様なシンボル文様です。

 ペルシャ語ではトランジ、英語ではメダリオンと呼ばれます。
中央にトランジ、四隅(コーナー)にラチャキ(トランジを四分割した文様)を配したラチャキトランジと呼ばれるデザインはコーランの装丁に使われる伝統的デザインです。
 メダリオン意匠とは、メダリオンを中心に配した、ラチャキトランジのデザインに由来する意匠です。

メヘラブ意匠


メヘラブ意匠とは、そのメヘラブの形を構図にした意匠です。

 イスラム教の寺院モスクは、先端が尖ったドーム状の独特な外観をしています。この形状を平面に貼り付けた形(あるいは断面図)を「メヘラブ」と言います。メヘラブは、イスラム教寺院・モスク建物内壁のメッカの方向に設けられています。メヘラブがあることにより、世界中のモスクでイスラム教徒の人々がメッカ(メヘラブ)に向かってお祈りができるのです。


ゴンバット意匠


モスクの中の丸天井の中心に放射線状に広がる美しくダイナミックな装飾タイルの内装を図案化したものです。

 イスラム教寺院・モスクの中に入り、真上を見上げたときに目に飛び込むのは、丸天井の中心(外観ではドーム先端部分)から放射線状に広がる美しくダイナミックな装飾タイルの内装です。これを図案化したものをゴンバットと言います。
 「メダリオン」はこのゴンバットの中心部を切り取ったデザインであるとの説もあります。

総柄意匠


メダリオンやメヘラブのような構図がなくフィールドの内側全体に花柄などが展開する意匠です。



ヘシティ意匠(パネル意匠)


長方形又は正方形に区画された中に文様が配置される意匠です。

 ヘシティとはペルシャ語で日干しレンガの意。レンガを積み重ねたようなデザインなのでヘシティと呼ばれています。
 もともとは水路や小道で区切られた庭園風景を表現していると言われています。豊かな緑と水への憧れを感じさせられます。

絵画意匠


フィールドが肖像、風景等で構成される意匠です。




生命の樹意匠


大地から天に向かって無限の広がりを表すように枝葉を広げる「生命の樹」を軸に構成された意匠です。

 古来「生命の樹」は、不老長寿や子孫繁栄をもたらす「楽園の樹」として人々に好まれました。

狩猟意匠


騎馬の王様や貴族達の狩猟風景で構成される意匠です。

 古代ペルシャのアケメネス朝、ササン朝時代に由来する伝統的デザインです。狩猟は最高の娯楽であり、また武勇の象徴でした。


ゴルダニ意匠


花瓶に花が入っているデザインの意匠です。

 ペルシャ語でゴルダンは花瓶の意。花瓶に花が入っているデザインがゴルダニです。  花瓶は、乾燥地に住む人々にとって「豊かな緑や水の憧れ」をあらわしていると言われています。

ゴルダニサラサリ意匠


ゴルダニが絨毯全体に連続で使われているデザインの意匠です。

 ペルシャ語でサラサリは全部又は全体の意。ゴルダニが連続で絨毯全体に使われているデザインのことです。





エスリミ文様


シャーアッバス文様の花々をつなぐ蔓状の躍動感ある曲線です。

 葡萄の蔓、唐草等の植物がモチーフになっています。

シャーアッバス文様


16世紀サファビー朝の王シャー・アッバス1世の名前に由来しています。

 薔薇、百合、蓮等の花の断面図をモチーフとしています。


マヒ文様(ヘラティ)


小さな花を囲む葉の文様が小魚に見えるのでマヒと呼ばれています。

 ペルシャ語でマヒは魚の意。ペルシャの都市・ヘラート(現アフガニスタン)が文様の発祥の地なのでヘラティとも呼ばれています。
  このような「マヒと花」の文様パターンでをつなげると下記のような絨毯になります。


ボデ文様(ペイズリー)


ボテ文様をスコットランドの町ペイズリーがインドのショールの文様として使用した為「ペイズリー」とも呼ばれるようになりました。


他にも、松ぼっくり説や水滴説などがあります。